予防歯科

口腔内トラブルは「治療」するより「予防」をしましょう

むし歯や歯周病は、「治療」するよりも「予防」するほうがさまざまな面でメリットがあります。治療は少なからず歯や歯周組織にダメージを残すもの。それらの蓄積によって歯を失ってしまうリスクも高まり、また痛い思いをしたり治療費が高くなったりなどというさまざまな形で負担を受けてしまいます。「鈴木歯科南甲府クリニック」の予防歯科で、むし歯や歯周病にならない健康な口腔内環境を維持していきましょう。

予防は歯科衛生士にお任せください

当院では、患者様それぞれに専任の歯科衛生士がつく「担当衛生士制」を採用しています。一人ひとりのお口を同じ衛生士が継続的にチェックするので、わずかな異変も見逃さずに管理いたします。定期検診と合わせてご活用いただくことでよりむし歯や歯周病の予防効果が高まりますので、長期的にお口の健康を守っていきたいとお考えの方は当院の歯科衛生士にお任せください。

当院の予防歯科メニュー

ブラッシング指導

患者様が毎日しっかりブラッシングを行えているか歯科衛生士がチェックし、より効果的な歯ブラシの動かし方などをアドバイスします。患者様のお口の状態や磨き方の癖など、それぞれに合わせた方法についてお教えしますので、普段の口腔ケアにお役立てください。


フッ素塗布

歯質の強化が期待できるフッ素を歯の表面に塗布し、むし歯になりにくい状態をつくります。ごく初期段階のむし歯なら、この処置だけで自然に治ってしまう場合もあります。定期的に処置をすることで、より高い予防効果が望めます。


PMTC

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)は、口腔衛生のプロである歯科衛生士が専用器具を使って行う口腔内のクリーニングです。処置後は表面がつるつるになり、さっぱりとした爽快感が得られます。口臭予防や着色汚れの除去にも効果があります。


スケーリング・ルートプレーニング

スケーリングは、普段のブラッシングでは取り切れない歯周ポケットの奥に不着した歯垢や歯石を、スケーラーという専用器具を用いて除去する処置のことです。さらにスケーリングでも取り除けない歯垢や歯石がある場合は、キュレットという特殊器具を用いてこれらを取り除き、最後に表面をなめらかにして汚れの再付着を防ぎます(ルートプレーニング)。どちらも定期的に行うことで、むし歯予防の効果を高めます。

Pick Up! インプラントは治療後の定期的なメインテナンスが大切です

インプラントを埋め込んだ箇所は、もともと何らかのトラブルが発生して歯を失ってしまった部分です。そのため、「インプラントにしたからもう大丈夫」というわけではなく、比較的トラブルを招きやすい場所だと言えるでしょう。ブラッシングを毎日行っていたとしても、磨き残しが発生している可能性も十分に考えられます。

こうした状態を放置しておくと、インプラント歯周炎になってしまう恐れがあります。せっかく手術をして入れたインプラントが抜け落ちてしまうのは、非常に悲しいもの。いつまでも質の高いインプラントを大切に使い続けるためには、ご自宅でのケアと歯科医院での定期的なメインテナンスが欠かせないのです。

35.635527110742125,138.57622027724608

鈴木歯科
南甲府クリニック

35.63587589999999,138.5765636